• トップ
  • サービス新着情報
  • 介護留学モデル(日本語学校での日本語教育と介護教育(初任者研修修了まで)をスタートします。

介護留学モデル(日本語学校での日本語教育と介護教育(初任者研修修了まで)をスタートします。

2021/11/09



介護施設様に即戦力人財をご紹介するための取り組みとして、千葉県にある日本語学校様とタイアップし、介護特定技能実習生の留学モデルをスタートすることとしました。

これは、母国の医療系教育機関(主に看護専攻)を卒業した人財を日本語学校に1年間留学していただき、日本語N3合格、介護特定技能試験合格及び初任者研修修了を目指し、卒業後に介護施設様にご紹介するというものです。

1年間の留学期間中のアルバイト経験等を通じて、職場で働くルールやマナーにも慣れていただくことで、入職後にスムーズな受け入れができるようになります。

まずは2022年7月に5名~10名の人財(現時点ではインドネシア人の受け入れを想定)を受け入れるべく進めています。その後、段階的に受け入れ枠を広げていく予定です。

今後は、日本に留学する前に介護施設様に面接していただき、面接試験に合格した方を日本語学校に招へいする流れにしていくことを考えています。

本件取り組みについてご関心のある方は、是非、弊社までお問い合わせください。




 

PAGE TOP