介護特定技能ビザへの変更申請の際には、このような行政書士様を選んでください

2021/05/07



弊社は、これまで多くの国内に居住する外国人のビザ変更のサポートを行政書士様とともに行ってきました。その中で、気になった点が多々ありましたので、ご紹介したいと思います。

(対応の早さ)
 総じて、時間がかかります。
 印象ですが、手続きを進める上でのスタンスが受け身の方が多いためと思います。
 つまり、スケジュールコントロールを自ら行いながら進めるというのではなく、必要な書類が揃ったら
 進めるという方が多いように思います。中には、必要以上に丁寧にそして完璧をきしてしまうために
 時間がかかる方もいます。

 一番問題なのは、手続きに時間を要することで、一日でも早い入職を望んでおられるご本人と施設様に
 迷惑がかかることです。特に、留学生の場合、卒業後にはアルバイトもできませんので、入職が遅く
 なれば遅くなるほど経済的なダメージが大きくなります。

(介護分野の特殊性理解)
 介護特定技能での申請では、就労できる施設とそうでない施設があります。
 就労できる施設は、介護技能実習と同じとなっています。
 先日、実際にあった話しですが、ある行政書士様は、有料老人ホームであれば問題ないと施設様に説明
 し、要件に適合していないにもかかわらず、申請書を提出したとのことでした。
 
 有料老人ホームで就労対象となる施設は以下の通りです。
 ・特定施設入居者生活介護(外部サービス利用型特定施設入居者生活介護を除く。)
 ・介護予防特定施設入居者生活介護(外部サービス利用型介護予防特定施設入居者生活介護を除く。)
 ・地域密着型特定施設入居者生活介護(外部サービス利用型地域密着型特定施設入居者生活介護を
  除く。)
 申請のために施設様もご本人も時間をかけて書類を準備したにもかかわらず、これでは時間と労力の
 無駄となります。

 ベトナム国籍の方は、国内に居住していてもベトナム大使館の推薦者表を取得した上でなければ、入管
 への申請ができなくなっています。
 
先日、施設様様からご紹介を受けた行政書士様はご存じありませんでした。
 なお、必要書類の中で、技能実習生の場合には、技能実習の修了証明書があります。
 技能実習期間中の場合、まだ技能実習が修了していませんので、修了証明書がありません。この場合に
 は、専門級の合格証または技能実習修了見込み証明書で代用可能です。
 この二点も用意できない場合には、技能実習から特定活動に変更し、それから特定技能に変更することに
 なります。

(費用)
 行政書士様によりばらばらです。
 安いところは1人当たりの費用は約8万円、高いところは20万円を超えるようなケースもあります。
 従来、技術・人文知識・国際業務ビザ取得でお付き合いされてきた行政書士様だから提示される費用は
 妥当と考える前に、他の行政書士様に相談してみるのも良いかもしれません。

まとめ
 スピーディーに安価な費用でビザの変更申請をしてくれる行政書士様は、本当に心強いです。

 介護特定技能ビザへの変更申請をされる場合には、介護分野の特殊性を理解し、スピーディー且つ安価に
 対応してくれる行政書士様を是非、選定していただきたいと思います。

 弊社では、上記全てを満たしていただける行政書士様を介護施設様にご紹介しております。
 信頼してお付き合いできる行政書士様をお捜しの施設様がいらっしゃれば、弊社にご一報ください。

 

PAGE TOP