よくある質問

Q.外国人は採用してもすぐに辞めてしまうのではないか不安...
A.家計を支えるため、自分の夢の実現のため、強い意志を持って日本に来る人財がほとんどです。勤勉で忍耐力があり、熱心に働く人財が多いです。
日本で再就職先を見つけることは外国人にとって容易ではなく、日本人よりも定着率が高いとも言われています。
Q.外国人の待遇は日本人と一緒ですか?
A.外国人人財の待遇は、日本人と同等にしなければなりません。
外国人であることを理由に、労働条件について差別的な取り扱いをしてはならないと規定されています。
Q.外国人を採用する場合、住居を用意しなければなりませんか?
A.会社が住居を用意しなければならないという義務はありませんが、海外から採用した場合には、会社が用意することがほとんどです。
なお、当社では外国人人財の住居を紹介する企業とタイアップしておりますので、お困りの場合は、いつでもご連絡ください。
Q.外国人の労務管理上の注意点は何ですか?
A.配属部署のみでなく会社全体として外国人人材を受け入れ、日本人と差別しないことが重要です。
不慣れな日本の労働慣行をわかりやすく説明する等、働きやすい労働環境を整えてください。
Q.在留資格とは何ですか?
A.外国人が日本に適法に滞在するために必要な資格。
入管局が、入管法で定められた条件・基準によって審査し、許可・不許可を決めます。現在34種類の在留資格があります。
Q.就労ビザとは何ですか?
A.外国人が日本で90日以上の長期滞在、または日本国内で報酬を得る活動をする際に、ビザの取得が必要。
就労を目的としたビザのことを「就労ビザ」と言います。
Q.ビザと在留資格の違いは何ですか?
A.ビザ(査証)は、日本に入国するための許可証であり、海外の日本大使館が発行。
在留資格は、外国人が日本に適法に滞在するために必要な資格。
Q.就労ビザ取得手続きは初めてで不安です
A.安心してください。
当社では、就労ビザ取得手続きに精通した人材によるきめ細かなサポートをさせていただくとともに、連携する外部のエキスパートの中から最適なパートナーをご紹介させていただきます。

PAGE TOP